日本全国のいろんな仕事探しサイト「バイト・アルバイト案内所」トップへ
治験の仕事

治験・臨床実験のバイトについてとその探し方


治験(臨床実験)とは、製薬会社が新しい薬の開発過程の最終段階に行う人を使った実験です。新しい薬を一般に売り出すまでにはさまざまな実験の下で有効性・安全性を確認する作業が行われます。有効性・安全性が確認されると、最後に人の体に対して施設において実験が行われます。

この治験(臨床実験)のモニターは正しくはボランティアでありアルバイトとは言えませんが、謝礼という形で報酬を受け取ることができます。 謝礼の相場はだいたい一日当たり2〜3万円ほどが一般的です。 なかには2泊、3泊から10泊以上しなければならない実験もありますが、こういった場合は日にち×2〜3万円を報酬として受け取ることができるので、モニターからすれば破格のアルバイトということもできるでしょう。

モニターは薬を飲んだり貼られたりして危険性はないのかというと、通常は全く危険はなく安全なものです。これは人に対して実験する以前に多くの実験で安全性を確かめられているためです。また、なるべく多くのいろんな人に対して実験をしようという意図から、一つの薬は多くの人に対して使われることが多いです。 大きい臨床実験になると世界で数万人から数十万人に対して行われることもあります。

治験(臨床実験)の性質上、バイト雑誌などで募集されることはなく、インターネットが普及するまでは一般の人がモニターになるためには人づてでの紹介と言う形が多かったようです。しかしインターネットの普及に伴って、現在では一般の人でも治験のモニターになることが可能になっています。

治験(臨床実験)のモニターは、バイトではなくボランティアであるという考え方をするべきですが、 薬を飲んだりするだけでその他にやらなければならないことは特にありませんから、この仕事が非常に楽なアルバイトという風に有名にもなってしまったりもしています。 わずかな拘束時間で破格の報酬を手にすることができるので、興味のある人はネット上からモニター登録するのもよいかと思います。

日本最大の会員10万人治験ネットワーク:vob.jp(株式会社ヒューマ)

Click Here!

日本最大の治験情報サイトです。

まず、vob.jpのサイトから、「ボランティア情報一覧」をクリック、全国各地にある募集情報から気に入ったものが「ボランティア登録」を行ってください。

もしもすぐに気に入った情報が見つからなくても、登録しておけば後々メールにていち早く募集情報を入手することができるので、是非登録しておくと良いでしょう。

※サイトにジャンプ後、「Ctrl+D」と押すと、自動的にブックマークすることができます。

TOP
「アルバイト案内所」トップ